パイナップル

ドール・プランテーションに行ってきました!

ノース・ショアの土壌は赤土で、道路や歩道までも赤くなっていて気を付けないと靴まで赤くなってしまう程です。

この地にジェイムス・ドラモンド・ドールさんが1899年にやってきて、世界最大のパイナップル農園を作りました。この赤土の赤い色は鉄分が酸化して出来る色で、これがパイナップルを育てるのに最適なのだそうです。ここのパイナップルのソフトクリームは甘くてとても美味しかったです。

道中は車で移動していて交差点等の譲り合いの時には、親指と小指を立てるハングルースでみんな挨拶をします。そういった気軽にする挨拶はやっぱり気持ちがいい物ですね!!マハロー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。