柿の実を残して…

朝晩は寒くなり、木も落葉し始め冬が近づいてきました。

そんな中、収穫が終わった柿の木が目に入りました。

枝に柿を数個残す光景がよく見られます。

これは「木守り(きもり)」といって、来年もよく実りますようにと、願いを込めての習慣だそうです。

また、人間が全て取るのではなく、冬に向けて食料の少なくなるので、鳥の為に残すという意味合いもあります。良い風習だなぁと思います。

そんな光景を見ながら、残りわずかな秋を感じたひと時でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。