ツバキ

あちこちで咲いてるツバキ。別名で「東洋のバラ」とも言われる花。チャドクガが発生するので敬遠される方もいらっしゃるともいますが、やはり綺麗です。
日本だと「椿」はツバキを指していますが、中国ではチャンチンというセンダンの仲間の落葉樹のことを意味しています。じゃ、ツバキはどう書き表すのかといえば「山茶花」。これは日本ではサザンカのことです。紛らわしいですね。

ツバキ
改良される前のヤブツバキは赤い色で一重の花ですが、品種改良が進み、白~ピンク、黄などの色があります(赤でも黒味がかったものや青味がかったものあり)。
花形も一重咲から八重咲・万重咲、花の大きさも多種多様、開花期間の早晩、斑入り葉・変わり葉、最近では香りのするものなど、ツバキだけのコレクションも楽しめます。
地植えで大きく育てても良いですし、鉢植えで小さくも育てられます。


One thought on “ツバキ

  1. 今日、他の方のブログで、金魚椿を見ました。
    葉っぱが金魚の形で可愛かったです。
    我が家の挿し木で育てた椿、18年くらい経ちましたが、幹が白黒まだらになっていて病気のようです。
    紅白だった花も咲かなくなりました。
    とりあえず、ばっさりと先日枝を落としてみたのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。