東京でもサクラの開花が宣言されました。夜はまだ少し底冷えしますが、春です。花粉もたくさん飛んでおり、毎日マスクが手放せません。先日はお客様に、植木屋さんがマスクするのかなんて笑われてしまいましたが・・・辛いものは辛いのです!

この前、別のお客様にて既存樹の強剪定を実施致しました。そうしたらなんと、綺麗なサクラの木が出現したではありませんか。

写真1

それまでは手前のエノキやコナラで隠れており誰も気にしたことはなかったのですが、青い空も手伝って、その場にいた全員がとても優雅な気持ちを味わいました。

作業も無事に終わりこんなに嬉しいおまけ付で、これから忙しくなる前に密かにホッと一安心です。


2 thoughts on “

  1. 強剪定って言葉があるんですねえ。
    くちこも、先日、我が家の椿を強剪定?しました。
    なんだか、病気みたいだし、花は咲かなくなったし。
    みっともない姿になった椿ですが、
    体を動かして、くちこ的にはさわやか気分になりました。

  2. コメントありがとうございます。
    この時期の風も弱かったのか、桜の満開が各所で見れました。
    そのためかサクラのネタが多くなりました。
    強剪定は通常より強め(太い枝)での剪定ということで使っております。
    大きくなりすぎた樹木など、整えなおすのにちょっと強めに切ると花咲が変わることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。