タマリュウ


軒下など雨のあたりにくい場所や、歩道面の犬猫被害の合いやすい場所では、タマリュウが写真のように衰弱して枯れてしまう傾向にあります。

可能であれば、まめな水やり、または散水設備や植栽変更等をお奨めしております。

アメリカハナズオウ・フォレストパンジー


今日、道を歩いていると不思議な色のハナズオウがありました。


アメリカハナズオウ”フォレストパンジー”という品種で、その名の通り北米原産の落葉樹です。

ハート型の葉の形は通常のハナズオウと同じですが、歯の色が紫でとてもよく目立ちます。

4m近くの樹高があり、幹もかなり太いためそこそこの年月を自然の雨だけで生きていると思われました。
冬場は落葉してしまいますが、それ以外の時期は良いカラーリーフとしてお庭のアクセントになりそうです。

ナリヒラヒイラギナンテン


最近何かと良く見るようになったナリヒラヒイラギナンテン、ヒイラギナンテンと同じメギ科の植物ですが、ヒイラギナンテンとは見た目は少し異なり、葉は柔らかく細く、葉の棘も痛くなく、涼やかなイメージがあります。(個人的見解)

比較的日陰地や半日陰などでも維持できる樹種として最近よく見かけるようになりました。

小杉造園でも、植替え等のご提案をさせて頂く際に時々利用している樹種です。

植替えのご検討の樹種のひとつにいかがでしょうか。

花の共演


先日、帰り道にラベンダーが満開に咲いておりました。

その中にはアガパンサスもあり、上にアガパンサス、下にラベンダーと配置された植栽が、この時期にまさに見ごろとなっておりました。

P1190130 P1190131

この時期しか見られない、花の共演を楽しめました。

川越 喜多院へ


先日、家族と埼玉県川越市にある喜多院へ行ってきました。
こちらには徳川家康や徳川家光、春日局とゆかりの深い名刹で、江戸城紅葉山御殿から移設された「徳川家光誕生の間」と「春日局化粧の間」が観られます。
庭園も、江戸城紅葉山を模して造られたといわれる 『紅葉山庭園』、小堀遠州流 東好枯山水 書院式平庭 『曲水の庭』があり、また、客殿と本堂をつなぐ渡り廊下の『鶯張りの廊下』からの庭の景色も見事です。
所々梅の花も咲いており、とても美しい庭園でした。

これから春に向けて、いろいろなお花が見頃を迎えます。

ぜひ暖かい日に神社仏閣、庭園を巡られてみてはいかがでしょうか。

リガストラム・ビカリー


イボタノキ属のリガストラム・ビカリーという樹木を植えました。

04

写真は2015年春前に植えたての状態です。

03-1

以前こちらはフキソウがあったのですが、犬などのおしっこ被害もあり、結構衰弱して半分枯れた状態で見た目もよくありませんでしたので、お客様と打ち合わせをさせて頂き、玄関前であるので、葉色があかるく、強いものという構想のもと、いままで使用したことが無かった、リガストラムをご提案させて頂きました。

p1120804

2016年の最近撮った写真です。

結構大きくなってきましたので、そろそろ中枝を増やすために刈込を行い、形を整えていければと考えております。

樹木によっては環境や気候の合わないものもあり、枯れてしまうこともあります。よくよくお打合せをさせて頂きながら、新しいもの・ことにもチャレンジしていてければと思います。

夏の名残り


社員の家庭菜園で収穫されたゴーヤです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すごく大きく太っています。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%86%99%e7%9c%9f160916-2
今年は棚づくりで2株植えて、ひと夏で150個の大収穫!ゴーヤの他にトマトやキュウリを同じ棚に栽培しているそうです。何種類でも何株でも、好きに育てて楽しめるのが家庭菜園の魅力ですね。

お庭に空きスペースはございませんか?

レンガ坂


先日、中野駅近くの現場にて立ち合った帰り、駅に向かう途中で坂を下り、ふと、振り返るとなかなか洒落た感じのものが。

写真1

「RENGAZAKA、あーレンガ坂か!」

興を覚え、通り過ぎた坂をまた登ると、まるで、ローマの街中にあるような水汲み場があるではありませんか!

写真3

改めて見てみれば、レンガと植栽もなかなか良い感じです。

小杉造園でも、こういった欧風の庭造りのご相談を頂く事がございます。

もちろん欧風に限らず、お庭全般、手掛けておりますので、どこかで良いお庭を御覧になってこんな感じのお庭が欲しいなぁと思われましたら、小杉造園まで、ご相談ください!

色鉛筆


先日現場まで向かう際に、とある工事現場を通りかかりました。

そこには立てられた色鉛筆たちが並んでいました。

色鉛筆

丸太杭を逆さにしたのか、削ったのか、

丸太を鉛筆に見たてた、一見当たり前のようでなかなか実行に移しにくい、このような斬新な案は、こういった短期間のデザインガーデンにはとても向いていて面白いと思いました。

長期を目的にした庭造りには、なかなかインパクトがありすぎて使う場が限られてしまうのがとても残念です。

私共も、もっと自由な発想で、皆様にお気に召して頂けるような、お庭のご提案をしていけるように日々いろんなものを見知っていきたいと思います。

中庭のジャングル!?


先週、都内マンションでジャカゴを使った中庭のリニューアル工事を行いました。

ジャカゴは一般に護岸工事などで使用されますが、お庭の添景物として使用されることもあります。

IMG_5782

今回の工事では緑のボリュームが欲しいとのご要望を頂いておりましたので、立体感のあるお庭を作ろうと取り入れてみました。

お庭ができたあと、お住まいのお子さんから「ジャングルみたい!」とのお声が…。

たしかに、石と常緑樹の組み合わせが、独特の雰囲気を作り出しています。

雨に塗れるとまた違う趣を感じさせる石のお庭を、みなさんもいかがでしょうか!?