カキノミタケ


柿とどんぐりの話題が出ましたので、少し似て非なる秋の風物詩(?)をご紹介します。

この写真、先日のどんぐりの写真と雰囲気が似ていますが、柿の種です。

おつまみの柿の種ではなく、本物の柿の種です。

黄色いものは菌糸がたくさん集合したもので、柿の種に特異的に発生する「カキノミタケ」と呼ばれるカビです。

カビというと汚いイメージがありますが、森の中で見つけると不思議と面白いと感じてしまいます。

秋に自然豊かな場所でカキノキの下を観察すると、出会うことができるかもしれません。

丸いどんぐり


今年の10月は29℃の夏日になったかと思えば11月下旬並の寒さが観測されるなど、秋を感じられる日が少ないような気がします。そろそろ澄んだ爽やかな秋晴れの空が恋しくなってきました。そんな中で季節を感じられるような小話をひとつ。

先日職人さんが、ふっくらとした丸いどんぐりを持って帰ってきてくれました。こちらはクヌギのどんぐりになります。

どんぐりにはその年に咲いた花が実になったもの(一年成)と、前年に咲いた花が実になったもの(二年成)の二種類あります。

シラカシやコナラ等のどんぐりは前者ですが、クヌギのどんぐりは後者です。二年かけて成熟していきます。

都心では見かける機会の少なくなったクヌギのどんぐりですが、大きな公園や雑木林等では比較的よく見かけます。ご近所にそういった場所がある方はお散歩しながら探してみてくださいね。

秋色


もう既に肌寒い気候となっておりますが、最近秋らしい色見つけました。

食欲をそそられる、秋の色です。(個人的見解)

すごく鮮やかな柿色ともいうのでしょうか。まさに柿って感じでした。

沖縄へ行ってきました!


先週、沖縄の知念村に遊びに行ってきましたー!!
10月でしたがまだ暑く、海でも泳いできました♪

ブーゲンビリアも咲いていて、とても鮮やかで綺麗でした☆
9~10月が花期みたいですね!

写真は久高島のものなのですが、
海の岬までの一本道の両脇の緑が、
東京にいるとなかなか見られないムードを醸し出していて
とても素敵で、ワクワクしました!!

皆さんも忙しい日常を忘れてリフレッシュに、沖縄に行かれて見てくださいね!!

タマリュウ


軒下など雨のあたりにくい場所や、歩道面の犬猫被害の合いやすい場所では、タマリュウが写真のように衰弱して枯れてしまう傾向にあります。

可能であれば、まめな水やり、または散水設備や植栽変更等をお奨めしております。

イラガ


10月3日にあるお客様の現地調査に行った際、実生木発見。

近くに行ってみると、下に黒い粒粒が落ちており、葉の裏を見上げてみると。

まだまだいました、イラガです。

触るととても痛いので、注意が必要です。

コナラの落としもの


休日に秋川に行ってきました。

河遊びを楽しんでいると、川の中にまだ青いどんぐりが枝先ごと沢山沈んでいます。

その上に生えたコナラをじっと眺めていると、定期的にハラハラ落ちてきます。

実はこれ、「ハイイロチョッキリ」という虫の仕業です。

どんぐりに卵を植え付けたあと、自分で枝先を噛み切り落とします。

虫は確認できませんでしたが、次回見つけましたら

写真に収めてご報告したいと思います。

夜のメタセコイア


先日とあるマンション様の理事会に出席させて頂きました際の通り掛けの写真です。

手前のメタセコイアとビルの明かりがきれいでしたので、1枚写真を撮ってしまいました。

この日は、東京タワーが青と白のライトになっておりました。

大詰め除草


この間の台風は関東直撃とはならなかったものの、かなり風が強かったようで、一部の地域では、倒木や枝折れの多かったようです。当日、翌日と結構フル稼働で対応させて頂きました。

秋分の日もあと数日、そろそろ秋を感じさせる空になってきました。これから秋に向かって、植栽管理も後半戦に入ってまいります。

場所によっては、今年夏に伸びた雑草や実生木などが、意外に大変なことになっていることはございませんか?

この時期特に蚊も多く、除草にお困りでしたありましたら是非お声掛け下さい。

栗の季節


写真は2週間ほど前になりますが、農家さんの栗畑です。


「栗拾い」の言葉から、大きな木の下で実を拾うイメージでしたが、樹高を低めに維持しても、こんなに沢山の実が付くのだと驚きました。


栗ご飯の美味しい季節です。