祭り


夏といえば祭りということで、盆踊りに行ってまいりました。

盆踊りの合間に和太鼓の演奏が始まり思わず見入っていました、なんともあの迫力がたまりません。もちろん盆踊りも汗だくになりながら参加させて頂きました。

ところで、各所色々お祭りがありますが、木祭りというのもある様です。

常日ごろから木々の恩恵を感謝するお祭り。

私も、日々関わりがある木々や自然に触れ合い、感謝を忘れずに生活していきたいと思っております。

ワッショイ!!

夏休み


昨年、弊社社員で夏らしい写真を1枚ということで、皆で撮った写真の中で第一位となった作品です。

1年に1回の夏ですから、思い出に残る写真を1枚撮るというのをやってみました。

なかなか、夏を感じられるよい写真が撮れたのではないかと思います。

今のところジメジメ、ムシムシしておりますが、折角に夏なので、今年も楽しんで行きたいと思います。

エコグローブの効果


雑草に手間取る時期になりました。取ってもとっても出てくる雑草、本当に大変です。

雑草防止策に、防草シートなどもありますが、砂利とセットでないと、見ばえが良く無かったり、剥がれてきたりと、また砂利とセットだと金額が高くなったりしますよね。

一石二鳥ではございませんが、剥がれることなく、比較的長い期間防草できるエコグローブを最近ではご紹介しております。

施工方法はシャワー工法と練り工法があるのですが、シャワー工法は施工が楽ですが、練りよりも劣化が早いデメリットがあります。練り工法は、比較的丈夫ではありますが、施工に少し手間が掛かるため価格が高くなります。もしご興味が湧かれることがありましたら、是非お問い合わせください。

花火大会


千葉営業所開所より、早1年半近くが経とうとしております。

最近市川周辺のこともよく知っておこうと、この度8/5第33回市川市民納涼花火大会を見に行ってきました。

川向こうの東京側、江戸川区花火大会は以前1回見に行ったことはありましたが、実は市川市民納涼花火大会と江戸川区花火大会は共同開催だったそうです。

つまり市川側で見ると市川市納涼花火大会、東京側で見ると江戸川区花火大会ということになります。

今回初めて知って驚きましたが、調べてみるとかなり前からだったようです。

人の多さにはほんと圧巻、本題の花火も大変よかったです。来年以降も見る場所を替えトライしていこうと思います。

ゴーヤ


ゴーヤが元気に育っております。

5月末頃に小さな苗を植えて2か月で大きなカーテンになりました。

日差しを遮って少しは涼しくしてくれています。

毎日暑い日が続いております。体調を崩さないようにどうぞご自愛下さい。

あまりの暑さに


最近は外を歩くにも汗がダラダラと出てきて、ますます暑くなってまいりました。

先日、街中を歩いていると、変わった枝ぶりの雑草を見かけました。

この雑草は、セイタカアワダチソウで、割と見かける雑草ですが、えてして、真っ直ぐ伸びているものです。

それが、サルスベリの幹ほどの趣きではありませんが、クランク状に曲がっております。

よくよく見てみますと、ガードレールに近いほうで曲がっている箇所は、誰かに手折られたような感じでした。ですが、車道に近い方の箇所は自然に曲がっている感じでした。ここのところのあまりの暑さで車道のアスファルト熱を嫌って曲がったのかもしれません。

この時期、雑草の伸びは早いもの。芝刈り、草刈など、個人で作業するには広すぎて、お困りの場合は、どうぞ弊社の方にご相談ください。

蛾の幼虫


とある現場の作業立会中にて。

下記の写真の中に虫の幼虫がいますが、分かりますでしょうか。

正解はこちらです。

セスジスズメの幼虫です!この時期よく見てみると、枝と一緒になっていたり葉の裏に潜んでいたりなど、色々な幼虫に出会えると思います。中にはドクガの幼虫もいますので気を付けなければなりませんが…。

ドクガなどのご相談は弊社までご連絡下さい!その他は夏休みの自由研究にいかがでしょうか。

アメリカハナズオウ・フォレストパンジー


今日、道を歩いていると不思議な色のハナズオウがありました。


アメリカハナズオウ”フォレストパンジー”という品種で、その名の通り北米原産の落葉樹です。

ハート型の葉の形は通常のハナズオウと同じですが、歯の色が紫でとてもよく目立ちます。

4m近くの樹高があり、幹もかなり太いためそこそこの年月を自然の雨だけで生きていると思われました。
冬場は落葉してしまいますが、それ以外の時期は良いカラーリーフとしてお庭のアクセントになりそうです。

ナリヒラヒイラギナンテン


最近何かと良く見るようになったナリヒラヒイラギナンテン、ヒイラギナンテンと同じメギ科の植物ですが、ヒイラギナンテンとは見た目は少し異なり、葉は柔らかく細く、葉の棘も痛くなく、涼やかなイメージがあります。(個人的見解)

比較的日陰地や半日陰などでも維持できる樹種として最近よく見かけるようになりました。

小杉造園でも、植替え等のご提案をさせて頂く際に時々利用している樹種です。

植替えのご検討の樹種のひとつにいかがでしょうか。

オニユリ


蒸し暑い日々が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

こちらのオニユリは連日の酷暑にも負けず、逞しく咲いていました。

ユリと言えば可憐で華やかなイメージを思い浮かべる方が多いと思いますが、オニユリからは情熱的で力強い印象を受けますよね。

英名はタイガーリリーと言うそうですが、まさに野性的で飾らない美があると思います。

生命力あふれる姿を見ていると暑さに負けない元気をもらえるような気がします。